育児支援

POINT

視覚障害があっても育児はしなければなりません。こういうときの支援を受けることもできます。

クリックすると説明文が表示されます。

視覚障害を持つ親が子育てをする際には、通常の子育て以上に困難が予想されます。一般的には、実際の子育ての場面で、表情が見えない、危険を察知できない等の問題が考えられますが、障害の程度によってその問題点は変わります。まず、家族を含め周囲の理解が得られにくいこと、サポート施設の不足、援助者の確保、育児上の不安・遺伝などを相談できる場所が限られる等が予想されます。ピアカウンセリングは重要と思われます。

ひとり親家庭だけでなく父又は母に身体障害者手帳2級以上の重度の障害がある家庭の生活の安定と自立の促進に寄与し、子どもの福祉の増進を図ることを目的として、支給される手当です。公的年金と併給されます。所得制限がありますが、月額42,290円です。

相談のできる施設を探す
クリックすると施設一覧が表示されます 北海道 東北 関東 中部 近畿 中国 四国 九州・沖縄
もっと知りたい(外部サイトへのリンク)

カルガモの会
子どもの急な病気に困ったら 小児救急電話相談 #8000